K's factory
―革製品とかばん修理職人の店―

手帳の紙を綴じる部分の金具が取れてしまったものの修理例
ホーム  ご利用方法  工房

□兵庫県にお住いのY.Y.様からご依頼いただきました、ルイ・ヴィトンの手帳カバーで、バインダー金具の交換修理です。
(画像はお客様撮影)



手帳本体のステッチを解き、中に残っている金具を取り外します。
部分的に糸を解いても作業できますが、色によっては微妙な糸の違いが出てしまいますので、その場合は周囲全体の糸を交換します。
似た形・サイズの金具が入手出来ますので、交換し、セットしてから同じ色の糸を使ってほどいた部分を縫い直すと、元通りに仕上がります。
Y.Y.様からお礼のメールを頂きました。
本日修理後の手帳をいただきました。
とっても、きれいに仕上げていただき大満足です。
ありがとうございました!!!
手帳カバーのバインダー金具が外れたら,K's factoryにお任せください。

お見積り・お問い合わせ
ご紹介させて頂いているもの以外にも様々な修理に対応させて頂いております。どうぞお気軽にお問い合わせください。
K's factory
copyright 2010 K's factory by DVC