K's factory
―革製品とかばん修理職人の店―

エトロのバッグの内張り交換修理例
ホーム  ご利用方法  工房

エトロのバッグの内張り交換修理についてご紹介いたします。
内張りは合成皮革なので使っていると劣化してボロボロと剥がれてきます。似た色の本革で内張りを作り直す事が出来ます。本革なので高級感もあり、合成皮革よりも長持ちします。
似た色のナイロン生地や綿で張り替えることも可能です。革よりも少し軽く仕上がりますし、修理代も多少安く出来ます。
本来は無かった内ポケットを新たに取り付ける事も可能です。内張りの修理に限らず、エトロのバッグの持ち手の修理、ファスナーの修理、金具の交換、パイピング等何でもご相談下さい。

□エトロのバッグの内張り交換修理
愛知県にお住いのN.O.様からのご依頼で、エトロのバッグの内張りが劣化してボロボロと剥がれてきたものの修理です。
<お客様撮影>



内張りの素材が合成皮革の場合は古くなると、下の画像のようになって中に入れたものに剥がれた物が付いてしまいます。



もともと使われているオリジナルの合成皮革に似た色の本革を使って修理すれば、新品とイメージが全く変わりませんし、同じようにボロボロと剥がれてくる事もありません。加えて触った感じはオリジナルよりも高級感がありお勧めです。

更にこの鞄の場合は内ポケットがありませんでしたが、N.O.様のご希望により携帯やハンカチなどを入れられる内ポケットも作成いたしました。

N.O.様からも感謝のお言葉を頂きました!

K's factory 様
鞄の修理と迅速な配送をありがとうございました。これからも大事に使わせて頂きます。
お礼の返信が遅れてしまい申し訳ありませんでした。また機会がありましたら宜しくお願い致します。
エトロの修理もK's factoryにお任せください。

お見積り・お問い合わせ
ご紹介させて頂いているもの以外にも様々な修理に対応させて頂いております。どうぞお気軽にお問い合わせください。
K's factory
copyright 2010 K's factory by DVC