K's factory
―革製品とかばん修理職人の店―

ブルガリの財布の小銭入れの内張り交換,ホック,ファスナーのつまみの作り直し例
ホーム  ご利用方法  工房

□和歌山県岩出市にお住いのY.U.様からご依頼頂きましたブルガリの財布の修理のご紹介です。
小銭入れの底の部分の革が破れて穴が開いてしまいました。
(画像はお客様撮影)




財布を分解して、似た色の革で小銭入れの内側を張り替えると元通り綺麗になります。
(撮影失敗していました・・・残念です。)
そして、ホックの部分の革の縁がめくれています。
(画像はお客様撮影)



剥がれている部分を接着し、表面を樹脂で整えます。



更に、ファスナーのスライダーのつまみの革が劣化して切れそうになっています。
(画像はお客様撮影)



これも似た革で同じように作り直すとほとんど元通りになります。



ブルガリの財布に限らず、内張りが劣化した物や周囲の縁が傷んだ物、スライダーのつまみの修理など何でもK's factoryにご相談ください。
修理をするのは難しいだろうと思ったものでも一度K's factoryにご相談ください。

お見積り・お問い合わせ
ご紹介させて頂いているもの以外にも様々な修理に対応させて頂いております。どうぞお気軽にお問い合わせください。
K's factory
copyright 2010 K's factory by DVC