K's factory
―革製品とかばん修理職人の店―

Louis Vuitton;ルイ・ヴィトンのバッグのヌメ革全体交換・内袋やファスナー交換・財布の修理
ホーム  ご利用方法  工房


ルイ・ヴィトンのバッグのヌメ革全体の交換修理,持ち手の作り直し,ストラップが切れた物,ファスナーの交換,スライダーの交換,内張り・内袋の交換,モノグラムが劣化して割れた物その他,ヴィトンのバッグや財布等修理いたします。
下記項目を選んでクリックし,修理方法や出来上がり画像,お客様の声などご覧下さい。


ダヌーブ
通常,他の修理屋さんでこの手の修理をしますと,カシメ金具(小さな丸い金具)はブランド刻印の入っていないツルっとしたものを取り付けられてしまいます。しかし当店ではオリジナルのルイ・ヴィトンの刻印の入ったカシメ金具を再利用いたします!ですからパッと見ても修理をしたことが分からないよう,よりオリジナルに近い状態で仕上がりますよ!
↑上のリンクから修理例をご覧ください!


リュック
モンスリなどリュックの底の部分が全てヌメ革で出来ているものの場合,やはり下に置くとヌメ革が擦れて汚れたり,いずれは擦り切れて穴が開いたりぱっくりと口を開いてしまう事があります。他の部分は特に問題ないのに…という場合,似た色のヌメ革を使って傷んで修理が必要な部分のみを作り直して交換する事も出来ますよ!
↑上のリンクから修理例をご覧ください!


アルマ
底の部分がヌメ革だと,どうしても地面に擦れる部分が擦り切れてしまいやすく,又汚れも付きやすいので,修理依頼の多いバッグの一つです。このバッグは構造的にモノグラム部分が傷むことはほとんどないと思いますので,ヌメ革部分全体を交換すれば,ほぼ新品同様に仕上がると思います。上記ページでは,鞄をバラバラに分解するところから,各パーツを作り,鞄を組み立てる工程を写真でご紹介していますので是非ご覧ください。


マンハッタン
モノグラムに使われているヌメ革は,使用していくうちに色が変色していくのを楽しむものでもあります。とはいえ,あまりに汚くなってしまったり,劣化して革が裂けてきたりするなら交換が必要となります。部分的に似た色の革で交換する事も出来ますが,他の所が切れてくるのも時間の問題だったり,修理をしたところはどうしても微妙な色の違いが出る事もあります。その場合は,鞄に使われているヌメ革全体を交換するなら,新品同様になります!
↑上のリンクから修理例をご覧ください!


財布
他のページでも紹介させて頂いておりますが,ヌメ革部分をダミエの様な焦げ茶色の革で交換した例の一つです。モノグラムは丈夫ですし,使いやすいし,お気に入りだけでヌメ革が汚くなるのは嫌で,そうなると使いにくいとお感じになるなら,是非他の色の革で交換してみるのをお考えになってはいかがでしょうか?
↑上のリンクから修理例をご覧ください!


お問い合わせ&お見積り


タヌーブ
昔のダヌーヴは,ショルダーストラップもモノグラムで出来ている上に短く,お客様のご要望によりヌメ革で少し長めのストラップに作り変えました。ヴィトンのバッグで修理が多いのはファスナーの生地の部分が裂けたという物です。上記ページではその両方の修理のビフォーアフターをご紹介していますのでご覧ください。


アクロバット
時々ご相談いただくのが,ペットの小動物に革部分をかじられてしまったというご相談です。色んな修理方法がありますが,この場合は傷がそれほど大きくない事や,革をまくと逆に目立ってしまう事も考慮し,樹脂で傷を埋めて修理しました。どこがかじられたのか分からないくらい元通りに仕上がりました。上記ページから出来上がりの画像をご覧ください!


お気に入りのショルダーバッグを,自分が使いやすいようにアレンジする事が出来ます!斜めがけ用の長いストラップを,肩にかけて脇に挟める位の短いものにしたり,逆に短いストラップを斜めがけ出来るよう長くし,尚且つ長さを調節できるよう尾錠を取り付ける事も出来ます。こんな風にできたら良いなぁと思ったらご相談ください。
↑上のリンクから修理例をご覧ください!


ヴィトンのシステム手帳のバインダー金具はどうやら外れやすいようで,ご依頼の多い修理の一つです。もともと付いている金具の取り付け構造の問題で,外れた物をサイド取り付けてもいずれまた外れてしまいます。それで,同じような金具に交換する事が出来ます。新しく取り付ける金具は非常に頑丈ですので,安心してお使いいただけます。
↑上のリンクから修理例をご覧ください!


お問い合わせ&お見積り


ブロワ
モノグラムのバッグのヌメ革の劣化と共に,ポケットの内側に使われている合成皮革部分が劣化して,ベトベトし,剥がれて中に入れた物に引っ付いてしまうという経験をされた方もおられることと思います。その場合は,鞄を一度完全に分解し,ポケットの内側を張り替える事が出来ます。似た色のものではありますが,ベトベトしたり剥がれたりしにくい素材の物を使用しますので安心してご使用いただけます。ご希望に合わせて綿やナイロン生地で張り替える事も可能です。
↑上のリンクから修理例をご覧ください!


鞄、バッグ、システム手帳、キーケース、ストラップ等の修理

お見積り・お問い合わせ
ご紹介させて頂いているもの以外にも様々な修理に対応させて頂いております。どうぞお気軽にお問い合わせください。
K's factory
copyright 2010 K's factory by DVC