K's factory
―革製品とかばん修理職人の店―

Louis Vuitton;ルイ・ヴィトンの修理
ホーム  ご利用方法  工房

ルイ・ヴィトンのバッグのヌメ革が傷んだなら,似た色の革で同じように作り直す事が出来ます。
通常は再利用できないカシメ金具(小さな丸い金具)の表面のブランド刻印の入った部分も再利用できます。
下記項目を選んでクリックし,修理方法や出来上がり画像,お客様の声などご覧下さい。

リュック
モンスリは,底の部分が全体的にヌメ革で作られています。当然リュックを下ろして下に置くと,地面に擦れて革が擦り切れてパックリと穴が開いてしまったという方は多いのではありませんか?そんなモンスリのヌメ革部分全体を作り直した例を,修理前の写真と修理後の出来上がりの写真と共に上のページからご覧いただけます。
モンスリのヌメ革全体交換の修理代は,タイプによって変わりますのでお問い合わせください。
↑上のリンクから修理例をご覧ください!


ルイ・ヴィトンのバッグの修理依頼で多いものの一つは,ジッパーの生地の部分が裂けてしまったという物です。生地が裂けてしまえば,ジッパーを全体的に交換する事になります。生地の部分もエレメント(沢山並んでいる小さな金具)も元のものと同じ色で,YKK社製の丈夫な物に交換できます。ブランド刻印の入ったスライダー(つまんで動かす部分)のつまみはもちろん再利用いたしますので,修理したことが分からないように仕上がりますよ!
ヴィトンのバッグのファスナーの交換修理の参考修理価格は,タイプにより6000円〜8000円位です。物によって変わりますのでお問い合わせください。
↑上のリンクから修理例をご覧ください!


トートバッグ
ネヴァーフルは,鞄の上部の口のところの縁取りの皮がやはり擦れて色落ちが生じます。そうなると見た目も良くなく古臭い感じになってしまいますよね。単に色落ち程度でしたら革を染めて奇麗にする事も出来ますし,同じ色の革で交換する事も可能です。上記ページでは革を交換した例を,修理前の写真と出来上がりの写真と共にご紹介していますのでご覧ください。
鞄の上部パイピングの交換修理の参考修理価格は,サイズや構造等により6000円〜8000円位です。物によって変わりますのでお問い合わせください。
↑上のリンクから修理例をご覧ください!


サックプラ
ルイ・ヴィトンに使われているヌメ革は,色の変色を楽しむものでもありますが,必ずしもきれいに変色してくれるとは限りませんし,劣化すると裂けてきたりもします。それにサックプラの合成皮革の内張りは,古くなるとベトベトしてきた無くなってきます。マカサーに使われているような革なら簡単には汚くなりませんしヌメ革よりも丈夫かも…内側も生地なのでベトベトしてくることもない…それならいっそ革の部分も内張りもマカサーみたいにしてみたら良いんじゃないの?ってことでやってみたのがこちらです!なかなか好評で,何人もの方から同様のご依頼を頂いていますよ!
鞄のヌメ革の交換修理の参考修理価格は,タイプによって変わりますのでお問い合わせください。
↑上のリンクから修理例をご覧ください!


古くなったヌメ革をみてやはり嫌だなぁとお感じになられる方は多いようで,ダミエの様な焦げ茶色の革に交換できませんか?というご相談を頂きました。こちらでご紹介していますのはソミュールですが,ストラップも非常に長く,革パーツもすごく多いので大変時間のかかる作業になります。鞄の縫い目を全て解いて,一度完全にバラバラにしてしまいます。そして丁寧に取り外したヌメ革のパーツを使って焦げ茶色の革をカットし,同じ革部品を作成します。それをモノグラムに縫い付けていき,最後は元通りのソミュールに組み立てます。
↑上のリンクから修理例をご覧ください!


お問い合わせ&お見積り


ミュゼット タンゴ
こちらもお問い合わせの多い修理の一つですが,ミュゼット タンゴを斜めがけで使いたいのに肩紐が短すぎるので,長くしてほしいというご依頼です。似た色のヌメ革を使い,全く同じ構造のまま肩紐を長く作り直す事が出来ます!
↑上のリンクから修理例をご覧ください!


財布
ルイ・ヴィトンの修理はバッグだけではなく財布もやってますよ!中でも小銭入れのサイドの革が裂けてしまったというような大変な状態になってしまった物でも,一見分からないように元通り仕上げる事が出来ます。
↑上のリンクから修理例をご覧ください!


ヴァヴァン
ヴィトンの修理ではやはりダントツにヌメ革の交換修理が多いですが,上で紹介させて頂いた通りダミエやマカサーの様な革に変更する事を希望される方もあるものの,やはりヌメ革で修理して元通りにして欲しいと言われる方が多いです。変色した飴色のヌメ革で奇麗に作り直す事も出来ますし,新品のヴィトンのバッグの様に変色する前の白っぽいヌメ革で作り直す事も出来ますよ!
↑上のリンクから修理例をご覧ください!


手帳
ヌメ革交換修理依頼の次に多いのが,やはり内張り交換修理依頼だともいます。なかでも財布の焦げ茶色の合成皮革は,古くなると浮いてきて,次に底が破れて剥がれてきます。お札に焦げ茶色の粉が付いていたという事はありませんか?きっと内側のどこかが剥がれていると思います。似た色のもので,同じように剥がれにくい素材のもので張り替える事が出来ますよ!
↑上のリンクから修理例をご覧ください!


ルイ・ヴィトンの修理例の続き


鞄、バッグ、システム手帳、キーケース、ストラップ等の修理

お見積り・お問い合わせ
ご紹介させて頂いているもの以外にも様々な修理に対応させて頂いております。どうぞお気軽にお問い合わせください。
K's factory
copyright 2010 K's factory by DVC